全てが低金利ではない

銀行系カードローンのメリットの1つが金利の低さです。少しでも金利が低い方が、かかる利息が少なくて済みます。金利に魅力を感じて、消費者金融ではなく銀行系のカードローンを選ぶ人も増えてきています。

 

しかし、銀行によっても金利には違いがあります。全ての銀行系カードローンの金利が低いわけではないので、注意が必要です。

 

金利が低くはない銀行系カードローンの例として、新生銀行カードローンレイクがあります。レイクは最高限度額500万円で金利4.5%~18.0%です。銀行系カードローンであっても、利用者の多くは最高金利が適用されます。レイクの最高金利は18.0%なので、消費者金融並の利息を取られてしまいます。

 

また、インターネットで申込み可能で利用がしやすい、オリックス銀行のカードローンも金利は高めに設定されています。最高限度額800万円で金利1.7%~17.8%です。最低金利は低いですが、最高限度額の800万円借入れをするような人はあまりいないので、最低金利はあまりあてになりません。

 

金利はオリックス銀行カードローン審査によって限度額とともに決められ、大きな限度額での契約とならないと金利が下がらないために難しいのです。

 

銀行系カードローンなのに金利が高いのは残念と思うかもしれません。ただし、これら銀行のカードローンは、金利が高い分審査で融通が利きやすいというメリットもあります。逆に低金利過ぎるカードローンは審査も厳しくなっていくので、注意が必要です。