銀行だからこその良さに迫る

銀行系のカードローンを利用する時には、いくつかの理由があります。カードローンならすぐに貸してくれる、使い道が自由、誰にもバレずに借りられるなど、人によってそのメリットも様々です。

 

これからお金を借りたいと考えているなら、銀行系カードローンのメリットを参考にしてみてください。他で借りて後悔する前に知っておくべきポイントをまとめました。

 

優れた銀行の借り入れ

 

使い道自由で何度でも使える

銀行系カードローンは使い道が自由で、何度でも繰返し借入れや返済が行えます。契約後はカードを使って借入れを行いますが、限度額を超えない範囲であればいくら借りても、何度借りても構いません。

 

使い道が限定されないので、お金に関する様々な場面で気軽に利用ができます。

 

消費者金融よりも低金利

同じくカードローンを取り扱いしている所としては消費者金融が有名です。やはり手早く借りられるという点が大きいですが、金利が高いというデメリットがあります。消費者金融利用者の多くは、18.0%という高金利で借入れを行っています。使い道が自由なカードローンは、目的別の専用のローンと比べると金利が高めに設定されているためです。

 

同じカードローンでも、銀行のカードローンの金利は消費者金融よりも低めに設定されています。相場が14.0%~15.0%程度なので、消費者金融よりも低金利で借りられます。

 

消費者金融は金利が高い分だけ即日借りるカードローンの手続きが可能となるなど、メリットもあります。しかし、返済を考えて借りるとなった際には、どうしても消費者金融の金利の高さはネックとなります。

 

免許証1つで借入れが可能

カードローンを利用する時には保証人や担保が必要ありません。その為、書類を用意したり人に頼んだりする必要がなく、お金を借りたいと思ったらすぐに申込みができます。

 

保証人や担保がなくてはリスク管理についてどうするのかと思うかもしれませんが、保証会社を別に立てているので、銀行側は審査に問題がなければ、保証人を用意する必要がなく貸付けを行います。

 

面倒な書類の用意の必要がないので、本人確認書類である免許証1つあれば申込みが可能です。ただし、借入額や審査によっては収入証明書類の提示を求められる場合もあります。それも多額の借入を希望するようなケースでなければほとんどありません。

 

利息は借りた日数分だけ

銀行系カードローンの利息は、借入れた日数分しかかかりません。極端な話、借りた翌日に完済するのであれば、利息は1日分しか発生しません。カードローンの金利は高いと言われていますが、利用と返済の状況によって大きく変わってきます。

 

また、利息は借入残高に対してのみ発生するので、返済を続けていけばかかる利息も減っていきます。10万円借りれば10万円に対して利息が算出されますが、5万円返済すれば利息も5万円に対してのみしかかかりません。

 

余裕のある返済計画

お金を借りた後の返済計画についても、銀行系カードローンなら余裕をもって立てられます。例えば三菱東京UFJ銀行なら、返済額は最低1,000円からとなります。10万円借りたとしても約定返済額は2,000円なので、毎月2,000円からコツコツと返済できます。

 

また、銀行系カードローンでは逆に繰上げ返済も可能です。利息を抑えたい、早く整理したいというのであれば、繰上げ返済で一気に返済もできます。利息は借りている日数分しかかからないので、数日で完済するのであれば利息もほとんどかかりません。

 

カードローンの性質を考えると、少額であれば目的ローンよりも優れた使い方ができる場合もあります。繰上げ返済時もカードローンなら手数料はかからないので、例えばそこまで大きな金額にはならない中古車を購入する場合の資金などは、厳しくなるマイカーローン審査を受けるのではなく銀行で借りるカードローンを考えるのも手です。

 

金利はカードローンの方がマイカーローンよりも高くなりますが、その分だけ使いやすさに優れているので使い方次第では悪くない選択肢となります。

 

誰にもバレずに借りやすい

銀行系カードローンなら誰にもバレずに利用するのも簡単です。自分の銀行口座にカードローン機能をセットするタイプならカードも増えないので、財布を見られてもバレる心配がありません。

 

申込みもインターネットで行える銀行が多く、本契約も心配ならネットや郵送での契約手続きも可能です。借入や返済も銀行ATMから行えるので、手続きを見られても怪しまれる心配はありません。はた目には自分の口座のお金のやり取りをしているようにしか見えないからです。